沖縄から地域の魅力を発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

海中道路を駆け抜ける ローカル体験〜沖縄編〜

高速道路を使って都市部の交通渋滞を回避しつつ、世界遺産のひとつでもある中城城跡へ向かう。いにしえの琉球に思いを馳せたら太平洋岸に出て海の駅へ。パンカフェでひと休みしたら、琉球開祖の神の降臨伝説が残る浜比嘉島をめぐり、伊計島まで足をのばす。
文/今野雅生 写真/今野雅生、宮田けい

START

那覇空港

1

中城城跡

2

海の駅あやはし館

3

ブロンジェリーカフェ・ヤマシタ

4

浜比嘉島

5

伊計大橋

GOAL

伊計ビーチ

スマートトラベルレンタカー

那覇空港

レンタカー案内所は空港1階到着口にあり、車で10分程度の圏内には多数ある。空港の到着ロビーを出ると各レンタカー会社のシャトルバスが待機していて、それに乗って営業所まで行き、手続をして借り出すというシステム。返却も同じ営業所で行い、シャトルバスが空港まで送ってくれる。軽自動車からワゴンまで、あらゆる車種がそろう。

ルート

那覇空港自動車道・沖縄自動車道

距離・所要時間

約28キロ 約40分

中城城跡(なかぐすくじょうあと)

見る

15世紀前半にはできていたといわれる城で、世界遺産にも登録されている。現在は城壁が残っていて、岩石の形や地形を巧みに利用し、造形美あふれる曲線を描いている。その築城技術は「芸術的」と評されるほど高く、1853年にここを訪れたペリー提督も驚嘆したという。城壁の見事さもさることながら城内から見下ろす太平洋の景色もかなりのもの。歴史ロマンと美しい眺望が魅力の名城だ。

ルート

国道329号線、県道85号線、県道10号線

距離・所要時間

約22キロ 約37分

海中道路

海中道路とは勝連半島と平安座島を結ぶ4.7kmの道のこと。海の中(上)を突っ切るように通っているのでこう呼ばれている。県道10号伊計平良川線の一部。この道路が出来るまでは干潮時に歩いたり竹馬で渡っていた。

海の駅あやはし館

買う

うるま市にある勝連半島と平安座島を結ぶ海中道路のほぼ中央に位置するのが「海の駅あやはし館」だ。「海の駅」というよりも「海の上の駅」といった方がぴったりと来るような施設になっている。ここには、うるま市の特産品販売ショップや、バイキングレストランなどがあり、BBQ設備も完備されている。レストランでは青い海と空を眺めながらゆっくりと食事ができる。

ルート

海中道路、県道10号線

距離・所要時間

約3キロ 約8分

ブロンジェリーカフェ・ヤマシタ

食べる

海中道路を渡りきると平安座島に入る。浜比嘉大橋への入り口を過ぎると、すぐ左に二階建てのパンカフェがある。店舗の前が広い駐車場になっていて、駐車も安心だ。「天然酵母パン」が有名で、観光客はもちろん、県内在住者でもわざわざ遠方から買いに来るお客さんも多い。ドライブの途中に立ち寄って美味しいパンを持ち帰るのもおすすめ。テラス席があって、海や浜比嘉島の景色が楽しめる。

ルート

浜比嘉大橋

距離・所要時間

約3キロ 約8分

浜比嘉島

見る

ブロンジェリーカフェ・ヤマシタのテラスから見えるのが浜比嘉大橋で、長さ1.4kmほどのこの橋を渡ったところにあるのが浜比嘉島だ。橋がかかったのが1997年と比較的最近なので、昔の離島の趣を今も色濃く残す島である。特に集落は沖縄の伝統的な景観を残しており、散策も楽しい。また、自然のままの美しいビーチがある一方、リゾートホテルもあり、隠れ家的なスポットといえる。

ルート

宮城島、県道10号線

距離・所要時間

約12キロ 約25分

伊計大橋

見る

海中道路を渡って伊計島を目指す途中、宮城島と伊計島の間にかかる赤い橋が伊計大橋だ。1982年完成、全長158m。青い空と白い雲、エメラルドグリーンの海、奥に広がる伊計島の緑、その間に映える赤い橋。コントラストが美しい。カメラに納めるにもいろいろなアングルとトリミングが楽しめる撮影スポットでもある。この橋のおかげで伊計島も海中道路を介して本島と陸続きになった。

ルート

県道10号線

距離・所要時間

約0.5キロ 約1分

伊計ビーチ

食べる

伊計大橋を渡ってすぐ左側にひときわ目立つオレンジとブルーの看板がある。そこが伊計ビーチだ。伊計島ではかなり古くからある有料ビーチで、手軽に海水浴とマリンスポーツを楽しもうと思えば、ここはぴったりだろう。海のきれいさには定評があり、施設も整備され、子ども連れでも安心して楽しめる。ちなみにビーチに入るには、見学だけでも有料なので注意を。
上記内容は2013年10月時点の情報となります。

レンタカーでドライブ旅を楽しもう!

沖縄の旅行でもっと遊びの幅を広げたい、という方にはレンタカーを使ってのドライブ旅がオススメです。クルマに乗って少し足を延ばせば楽しいスポットとの出会いがたくさんあります。このページを参考に、是非レンタカーを使ったドライブ旅を楽しんでください。
ページ先頭へ