沖縄から地域の魅力を発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

潮風と異文化を感じるドライブ ローカル体験〜沖縄編〜

国道58号線を北上。読谷村にある焼物のメッカやちむんの里を見学、古城も訪れる。少し遠回りして車窓からの海の風景も楽しみつつ、道の駅かでなへ。米軍嘉手納基地を見学した後、外国文化の香る沖縄市へ向かい、散策と食事、そしてショッピングを楽しむ。
文/今野雅生 写真/今野雅生、宮田けい

START

那覇空港

1

やちむんの里

2

座喜味城跡

3

道の駅かでな

4

沖縄市ゲート通り

5

チャーリー多幸寿

GOAL

プラザハウスショッピングセンター

スマートトラベルレンタカー

那覇空港

レンタカー案内所は空港1階到着口にあり、車で10分程度の圏内には多数ある。空港の到着ロビーを出ると各レンタカー会社のシャトルバスが待機していて、それに乗って営業所まで行き、手続をして借り出すというシステム。返却も同じ営業所で行い、シャトルバスが空港まで送ってくれる。軽自動車からワゴンまで、あらゆる車種がそろう。

ルート

国道58号線

距離・所要時間

約33キロ 約1時間

やちむんの里

見る

やちむんとは沖縄の言葉で「焼き物」のこと。「やちむんの里」は陶芸家の工房が集まってできた芸術の香りあふれる集落だ。陶芸作品の制作風景を見学したり、作品を購入したり、作品を器にして食事をしたりと陶芸好きなら一度は訪れておきたい場所。ここをゆっくり散策していると、時間を忘れて気持ちまで落ち着いてくるのが不思議。やちむんの里のシンボルともいえる登り窯を目指そう。

ルート

県道12号線

距離・所要時間

約3キロ 約10分

座喜味城跡

見る

15世紀の初めごろ読谷山の按司(あじ)護佐丸(ごさまる)が築城したといわれている城。首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録されている。公園として整備されていて広い駐車場もあり、近くには売店もある。観覧料は無料。県道12号線から少し入るが、案内板が出ているので、比較的迷うことなくたどり着けるだろう。

ルート

県道6号線、国道58号線

距離・所要時間

約26キロ 約50分

残波岬

県道12号線から県道6号線に入り、さとうきびに囲まれた道を北へ走ると白い灯台が見えてくる。その一帯が東シナ海に向かって突き出した残波岬で、30mほどの高さの断崖が約2kmに渡って続く景勝地。

道の駅かでな

食べる

2003年4月オープンの道の駅。米軍嘉手納飛行場に隣接しており、休憩室、トイレ、特産品売り場、農産物即売所、レストランなどが入っている。昔はここに「ロータリードライブイン」というレストランがあり、ここのハンバーガーは「世界一美味い」と言う人もいるほど人気があった。今は「UP-KITTY」と言う名前に変わり、この道の駅内に入居。もちろん人気のハンバーガーも味わえる。

ルート

県道74号線、県道85号線

距離・所要時間

約6キロ 約11分

沖縄市ゲート通り

見る

嘉手納基地の出入り口と直結しているため、アメリカ人でにぎわうストリート。ウィークエンドの夜ともなると、ライブハウスやクラブをはしごしてまわるアメリカ人でいっぱいになり、「ここは日本か?」と思ってしまうほどインターナショナルな雰囲気になる。レベルが高く、個性的なライブハウスが多いので、色々なお店をまわってコザロックを堪能してはどうだろう。

ルート

パークアベニュー通り

距離・所要時間

約0.5キロ 約1分

チャーリー多幸寿

食べる

1956年創業の老舗。沖縄県民には広く知れ渡っている超有名店で、タコスと言えば「チャーリー多幸寿」といわれるほどの名店だ。沖縄市のショッピングモール「中央パークアベニュー」(一方通行)を一番奥まで行くと右手にあり、ネオンの看板がキラキラと目立っているので、一目でそれとわかる。通りの裏にコインパーキングがあるのでそこに車を停めて歩いていくのがおすすめ。

ルート

国道330号線

距離・所要時間

約3キロ 約8分

プラザハウスショッピングセンター

食べる

国道330号線の胡屋十字路から普天間方向へ2kmほど走ると、左手にオレンジ色の「プラザハウス」の看板が見えてくる。右手は最近新築移転した沖縄警察署。もともとアメリカ人専用の施設だったプラザハウスは沖縄でも老舗のショッピングセンターで、(米軍統治期間も日本であったと考えれば)日本初のショッピングセンターともいわれる。今でも異国の情緒漂うのが特徴だ。
上記内容は2013年10月時点の情報となります。

レンタカーでドライブ旅を楽しもう!

沖縄の旅行でもっと遊びの幅を広げたい、という方にはレンタカーを使ってのドライブ旅がオススメです。クルマに乗って少し足を延ばせば楽しいスポットとの出会いがたくさんあります。このページを参考に、是非レンタカーを使ったドライブ旅を楽しんでください。
ページ先頭へ