たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

真夏の沖縄!車内の気温ってどれくらいまで上がるの?

測定不能!?信じられない数字がはじき出された!

車内の気温ってどれくらいまで上がる?

夏場、車のドアを開いた瞬間に訪れる、
あのムワッと感。
ムワッと感という表現が正しいか、
もしくは、ンヴォア~感というか、
圧倒的に人が居続けることができないあの空気


すべてのドアを瞬時に開き、エンジンをかけ、
窓を開け、クーラを全開にし、
外で待ち続けること約5分、車の中に入って、
まだ暑い!というか、シートが熱い、ハンドルが熱い!」と
嘆くのは、私だけではないと思います。


そこでふと気になることが。
「車内の温度は何度まで上がっているのか?

同僚と一緒に実験してみました。


真夏の沖縄のレンタカー車内の温度はどこまで上がる?実験してみました。



1時間ほどたった後、測定をしようと考えていたため、
近くの韓国料理屋でお昼。
暑い真夏に、熱くて辛い海鮮スンドゥブをいただきました。


さて、
おいしい料理を食べ、楽しみに車へ戻ると・・・

なんと!!!!

測定不能(><)


なんと!1時間で測定不能。液晶が焼けてしまっています。




直射日光で完全にやられていました。

***


今回の実験でわかったことは、
とにかく真夏の車内は危険で、
携帯などの電子機器を放置することも合わせて危険という結果になりました。

その後、別の場所で同様の実験を行ったところ、
1時間余りで約50℃になりました。


直射日光が当たらないところでも、約50℃の温度まですぐ上がります。

2013年08月08日(木) 【投稿者】我喜屋隼人

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ