たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

電気自動車の燃費(電費)って?

充電1回500円前後で100キロ以上も走る!

無料の充電スポットもあり、ガソリンよりも安上がり

無料の充電スポットもあり、ガソリンよりも安上がり

長年の間、電気自動車の懸案だった航続距離も、i-MiEVでフル充電の場合、JC08モードのカタログ値では180キロ、同じくリーフでは228キロの走行が可能となっている。

 もっとも、この数値はあくまでもカタログ値。実際にはエアコンの使用や渋滞の有無、急発進など運転の仕方によっても変わってくる。80キロ以上の高速巡航時に、航続距離が大幅に落ちるというのがEVの特徴でもある。

 そこで気になるのは、電費の実態はどのくらいのものか、である。フル充電のリーフの場合、最高速度60キロ程度の街乗りでエアコンをつけずに走ると距離は160キロほど、90キロ巡航の高速道路などでは距離120キロくらいとされている。

 i-MiEVの場合は、最高速度60キロ程度の街乗りでエアコンを付けずに走ると、距離120キロほどとされる。高速巡航時は2割くらい落ちる。

 それでも、1回の充電にかかる費用は家庭用電源からで1回300円ほど、急速充電スポットの利用でも1回500円程度で、スポットによっては無料のところもあることから、ガソリンエンジン車よりも圧倒的に安上がりだ。

 電費効率が落ちる大きな原因の一つは、前述の通りエアコン作動の有無だが、クーラーよりもヒーターのほうが、より航続距離が落ちる。そう考えると、沖縄はEVでもメリットが大きいと言えるだろう。

2013年03月21日(木) 【投稿者】飯塚玲児

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ