たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

ゴーヤー料理だけではない、ゴーヤーオジーが目印の「ゴーヤーハウス」

知る人ぞ知る沖縄料理のお店

名護自然動植物公園 ネオパークオキナワの駐車場内にあるカフェ&レストラン「ゴーヤーハウス」は知る人ぞ知るゴーヤーと沖縄料理のお店。それもそのはず、国道沿いに看板が出ていないため、ネオパークオキナワまで来てみないとお店の存在そのものがわからないのだ。

 ゴーヤーハウスのメニューには定番の「ゴーヤーチャンプルー」をはじめ「ゴーヤータコライス」「アグーのゴーヤービッグバーガー」「ゴーヤーアイスクリーム」といった店名由来の地元やんばる産のゴーヤー料理の数々が並ぶが、「実はアグーを使った豚肉料理がメニューの中心」だと厨房主任の知念寿貴さんはいう。「ありそうで無かった、ゴーヤー料理の専門店」というキャッチコピーがお店のHPにはあるのだけれど、この“ゆるさ”がまた何とも沖縄らしい。ゴーヤーの苦さが苦手な人でも大丈夫。ネオパークオキナワまで遊びに来たらぜひとも寄ってみたいランチスポットだ。ちなみに、“ゴーヤ”だと勘違いしている人が多いが、沖縄本島では“ゴーヤー”と語尾を伸ばすのが正解(八重山諸島では“ゴーヤ”と発音)。

ゴーヤーハウスの外観。ゴーヤーオジーの看板が目印。

ゴーヤーハウスの外観。ゴーヤーオジーの看板が目印。(写真/黒田史夫)


 那覇空港もしくは那覇市内からゴーヤーハウスへ行く場合、ネオパークオキナワを目指すのが便利。一般道の国道58号をひたすら名護市まで北上するか、国道331号を一旦南下して豊見城・名嘉地ICから沖縄自動車道に乗って名護へと向かう。一般道で約2時間、高速道路を使って1時間20分ほどのドライブだ。高速料金は終点の許田ICまで普通車で950円。許田IC出口からは国道58号を10キロほど北上する。名護市内を抜け、イオンタウンを過ぎると左手にネオパークオキナワの入り口が見えてくる。ネオパークオキナワの広い駐車場を左奥まで進むとゴーヤーハウスがある。“ゴーヤーオジー”の看板が目印だ。

 国道58号の朝夕の交通渋滞は全国的にも有名。一方、沖縄自動車道は概ねすいているが、旧盆や春の清明祭の時期、名護周辺でイベントが開催される週末などは許田IC手前から名護市内まで大渋滞になることもしばしば。渋滞にはまると思わぬ時間のロスになるので、くれぐれも余裕を持った移動スケジュールを組みたいところ。国道58号、名護市内入口手前の世冨慶交差点を右折して、新しくできた名護東道路のトンネルを抜ければ名護市内を迂回する近道になる。この場合、再び国道58号と合流したら左折する。少し走ると右側にネオパークオキナワへの入口がある。

▼那覇空港から「ゴーヤーハウス」への行き方

大きな地図で見る

 名護市は沖縄北部観光の基点となる町だけに周囲には魅力的な観光スポットが多い。恩納村のリゾートエリアや海洋博記念公園(美ら海水族館)はゴーヤーハウスから30分圏内。風光明媚な古宇利島へも20分ほど。隣接するネオパークオキナワは豊かなやんばるの自然を生かした動植物公園。広大なフライングケージの中で放し飼いされる動物たちとのふれあいや、戦前の沖縄にあった軽便鉄道を再現したガイド列車など見所満載だ。また、名護までドライブするなら寄り道したいのが道の駅許田の宝くじ売り場。1997年の開店以来、1億円以上の高額当選が8本も出ている全国的にも有名な宝くじ売り場だ。

「やんばる若鶏」、「アグー」がおすすめ


 では、あらためて、ゴーヤーハウス“おすすめメニューベスト3”を紹介しよう。

第1位:やんばる若鶏の塩こうじステーキ重(950円)
地元やんばる産の若鶏を塩こうじに丸1日漬け込むことで旨味を最大限に引き出した新商品。塩こうじは旨味だけではなく、若鶏の肉質を柔らかくもしている。薄めの味付けに、ゆず胡椒の風味がマッチして食が進む。

おすすめメニュー第1位「やんばる若鶏の塩こうじステーキ重」 /></p><p class=おすすめメニュー第1位「やんばる若鶏の塩こうじステーキ重」。(写真/黒田史夫)



第2位:アグーの生姜焼き丼(1155円)
生姜風味のアグーが旨い人気ナンバー1商品。特製の生姜ダレは先代料理長が考案した秘伝のレシピ。

第3位:やわらか肉そば(800円)
観光地のレストランの沖縄そばはガイドブックや沖縄そばランキング等からは除外されがちだが、これはそんな固定概念を打ち破る本格的な沖縄そば。さっぱりしたカツオ出汁にコラーゲンたっぷりの軟骨ソーキが山盛り。

 300名収容可能な大型の店内にはゴーヤー商品を中心としたお土産物コーナーも併設されている。ゴーヤーを丸ごと絞った人気の「ゴーヤー原液」は500ml、1260円。加熱しても壊れないゴーヤー特有のビタミンCに加え、ポリペプチド類、共役リノール酸、カリウム、タネにしか含まれないインシュリン様物質などが一度に摂取でき、動脈硬化の防止や血圧降下作用、ガン細胞の抑制効果などがあるといわれている。青汁のようにストレートでグイっとやるのもいいが、おすすめはパインジュースで割り。ゴーヤーのホロ苦さとパインの爽やかな甘さが意外なマッチングで飲みやすい。

 最後にとっておきの情報をひとつ。ゴーヤーハウスはネオパークオキナワのレストラン施設ではないのだが、ここのテラス席は隣接するネオパークのジャングルと軽便鉄道の鉄橋が間近に見える絶好のビューポイント。タイミングが良ければ鉄橋を渡る軽便鉄道を眺めながらの食事が楽しめる。

テラス席からは目の前に広がるネオパークオキナワのジャングルが。

テラス席からは目の前に広がるネオパークオキナワのジャングルが。(写真/黒田史夫)



【メモ】
<ゴーヤーハウス>
住所=名護市名護4607-41
電話=0980-53-6253
営業=11時~16時/年中無休
HP=http://www.go-ya-house.com

2013年09月30日(月) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ