たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

沖縄観光はココからスタート!空港から3分の「パイナップルハウス」

大きなパイナップルが目印、パイン食べ放題がなんと無料

那覇市鏡水の国道331号沿いにあるパイナップルハウスはパイナップル食べ放題で有名なお土産物店&レストラン。国際通り1.6キロを見て周るのと同じくらいの品揃えが自慢の空港から一番近い観光スポットだ。ちなみに、パイナップル栽培の見学ができるのは姉妹店のナゴパイナップルパーク。両店舗は混同されがちなので、ご注意を(ナゴパイナップルパークの詳しい紹介はこちら)。

パイナップルハウスの外観。大きなパインが目印。

パイナップルハウスの外観。大きなパインが目印。(写真/黒田史夫)



 パイナップルハウスは国道331号の鏡水交差点目の前、陸上自衛隊那覇駐屯地入口の前にある。那覇空港からわずか3分!大きなパイナップルが目印だ。空港からのアクセスはいたって簡単。那覇方面出口と糸満方面出口の中間にあるので、那覇方面へ出たら国道331号を右折、糸満方面へ出たら国道を左折するだけ。周辺にはレンタカーの営業所が集中しているので、沖縄観光のスタートとして、もしくは最後に寄るには最適なスポットだろう。

▼那覇空港から「パイナップルハウス」への行き方

大きな地図で見る

パイナップルハウスのかしこい2つの使い方


 パイナップルハウスのショッピングコーナーは品揃えの豊富さが自慢。国際通り1.6キロに軒を連ねるお土産物店を見て歩くのと同程度の種類の沖縄名産品が並んでいる。つまり、ここに来れば沖縄のお土産品のだいたいの相場がわかってしまうのだ。レンタカーを借りたら、まずはパイナップルハウスへ。無料のパイン食べ放題を楽しみながら店内に並ぶお土産品をチェック。あとは沖縄滞在中、県内各地の観光地で販売しているお土産物と比較して、最終的にどこで買うか決めれば良い。結局は値段と接客の良さでパイナップルハウスへ戻ってくるお客さんが多いということだが。

 一方、旅行の最初にお土産を買って送ってしまい、あとは観光に専念する、といった人たちも多い。配達日を指定しておけば、帰宅するタイミングで商品を受け取れるといった寸法だ。これは比較的、リピーターに多く見られる利用方法だという。どちらにしても、「空港近く」というパイナップルハウスならではのロケーションの良さを活かした利用方法といえるだろう。

パイナップルハウスのおすすめ商品ベスト3


 数多いパイナップルハウスの取扱商品の中から、おすすめの3品をチーフの赤嶺朝正さんに紹介してもらった。

おすすめ商品3点

おすすめ商品3点。(写真/黒田史夫)



第1位:「プレミアムパイナップルケーキ」(8個1470円/15個3000円)
2008年、全国菓子博覧会金賞、2011&12年、モンドセレクション金賞を受賞した人気のパインケーキ。厳選したパインを、濃厚な香りと味わいそのままにケーキの中にとじこめている。

第2位:「パインチョコちんすこう」(6個350円/12個683円/24個1260円)
沖縄の銘菓ちんすこうをホワイトパインチョコでコーティングした商品。冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめ。

第3位:「シーサン果汁100原液」(500ml、1260円)
こちらはシークヮーサーに四季柑の果汁を合わせた南国ドリンク。シークヮーサーだけより苦味が少なく、飲みやすい。水で割ってドリンクはもちろん、料理やお菓子にも使える。柑橘類の香りには交感神経を優位にする働きがあり、またシークヮーサーに大量に含まれるノビレチンには血圧や血糖値を下げる効果があるといわれている。パイナップルハウスではパンフレットを作り、このシーサン果汁を使った様々なレシピを紹介している。

ショッピングだけではないパイナップルハウスの楽しみ方


 パイナップルハウスの2階は一面ガラス張りのパーラーになっている。メニューにはソーキそばやアグーのしょうが焼き丼、アグーカレーといったお食事や、パイナップルを使ったデザート、ドリンクなどがある。なかでも大人気なのが名物の「ビッグパイナップルパフェ」(1300円)。生パインにパインアイス、パインソフト、パインクッキー、パインゼリー、さらに生クリームとパインジャムが盛られたパイナップル尽くしのビッグパフェは、高さなんと37センチ!ゆうに大人3人前くらいの量があるので、友達同士や家族と一緒に食べ尽くそう。

名物のビッグパイナップルパフェ

名物のビッグパイナップルパフェ。(写真/黒田史夫)



 空港に近いロケーションのせいか、「1時間圏内のおすすめ観光スポットを紹介して下さい」とか「○○時の飛行機に乗るのですが、それに間に合うように帰ってこられる良い場所はありますか?」などといった質問をお客さんからされることが多い、と前出の赤嶺チーフ。そんな場合、天候や時間帯、道路のこみ具合等を考慮しながら、おすすめスポットを紹介しているという。お店の売り上げとは直接関係ないことだが、これも沖縄観光を楽しんでもらうための大切なサービスの一環なのだそうだ。

 実際、パイナップルハウス周辺にはおすすめスポットが豊富だ。お店からわずか10分の距離にある瀬長島は夕日スポットとして有名な島。那覇空港の滑走路が目の前に見える、飛行機の撮影ポイントとしても知られている。その先、豊見城道路の大きな橋を渡ると、「沖縄アウトレットモールあしびなー」と、空港から一番近いビーチ「豊崎美らSUNビーチ」がある。県内最大級700メートルの白砂のビーチは空港周辺とは思えぬ美しさ。2010年に「豊崎美らSUNビーチ」がオープンしたおかげで、飛行機の時間ギリギリまで海水浴を満喫することが可能になった。

【メモ】
<パイナップルハウス>
住所=那覇市鏡水684-1
TEL=098-858-9000
HP=http://www.pineapplehouse.jp
営業=9時~18時(レストラン 9時30分~17時)/年中無休
駐車場=有り

2013年09月30日(月) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ