たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から瀬底島までの距離と所要時間の目安

瀬底大橋を越え、本島屈指の透明度を誇る海へとドライブ

瀬底ビーチは夕日が美しい800メートルの天然ビーチ

瀬底島の奥にある瀬底ビーチは夕日が美しい800メートルの天然ビーチ

瀬底島は本部半島の先に浮かぶ周囲約8キロの離島。現在は瀬底大橋で結ばれており、車で渡ることができる。那覇空港からの距離は約90キロ。所要時間は沖縄自動車道・許田IC経由で約1時間45分、一般道で行くと約2時間30分。

 高速道路を利用の場合、空港最寄りの豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道に乗る。西原JCTで沖縄自動車道に合流し、終点の許田ICまで。高速料金は普通車で950円。高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。
この先は一般道の国道58号を辺戸岬方面へ北上。名護市内に入り、野球場の脇を左へそれて国道449号へと進む。本部半島を海沿いに15キロほど走ると瀬底大橋が見えてくる。橋を渡れば瀬底島に到着。

 空港から一般道を使う場合は、国道332号か那覇うみそらトンネルを経由して国道58号へ出て、北上する。許田IC付近から先は高速利用の場合と同じだ。国道58号は交通量が多く、朝夕の渋滞が激しい。時間帯によっては予想以上に時間がかかることがあるので、余裕を持って出発したい。また、シグナルを出さずに車線変更する車や、信号が赤に変わっても交差点に進入する車が多い。交通事故にはくれぐれも気をつけて。

 瀬底島はとにかく海がきれい。サトウキビ畑やフクギ並木、古民家のある風景はとっても長閑。島の奥にある瀬底ビーチは夕日が美しい800メートルの天然ビーチ。沖には伊江島、水納島が見える。瀬底ビーチは本島屈指の透明度を誇る人気のビーチだったが、近年、駐車場が有料になったり、建設途中のまま放置されたホテルが目の前にあったりで、イマイチ評判が良くないようだ。瀬底大橋の真下にあるアンチ浜のほうが気軽に海で遊ぶならおすすめ。

 本島側に戻り、10分ほどの距離には沖縄美ら海水族館がある。巨大アクリルパネルの水槽にジンベエザメやマンタが泳ぐ姿は一見の価値あり。沖縄のドライブに欠かせないレンタカーは、たびらい沖縄 レンタカー予約サイトをまずチェックしよう。厳選レンタカー会社のオリジナル特典が魅力だ。

【那覇空港⇔瀬底島】
<距離>=約90キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約1時間45分
一般道利用の場合は約2時間30分
<高速料金>=沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

【メモ】
<瀬底島>
住所=国頭郡本部町字瀬底

<瀬底ビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字瀬底5750
電話=0980-47-7000
遊泳期間=4月~9月
遊泳時間=9時~17時(7~9月は17時30分まで)
料金=無料
駐車場=1台1000円

<沖縄美ら海水族館>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字石川424
電話=0980-48-3748
営業=10月~2月:8時30分~18時30分(入館締切17時30分)
    3月~9月:8時30分~20時(入館締切19時)
休園日=12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金=大人1800円、1260円(4時からチケット)、3600円(年間パスポート)
中人(高校生) 1200円、840円、2400円
   小人(小・中学生) 600円、420円、1200円
   6才未満無料

2013年05月21日(火) 【投稿者】前川 慎光

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ