たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から水納ビーチまでの距離と所要時間の目安

クロワッサンアイランドめざし、渡久地港までドライブ

透明度が高い水納ビーチ

水納ビーチは透明度が高く、シュノーケルでも簡単に熱帯魚の群に出会える

水納ビーチのある水納島行きのフェリーは、本部町の渡久地港から出ている。那覇空港から渡久地港までの距離は約85キロ。所要時間は沖縄自動車道を使って1時間45分、一般道で2時間30分ほど。

 高速利用の場合は、空港最寄りの豊見城・名嘉地ICを使い終点の許田ICまで。高速料金は普通車で950円。高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。
一般道に出てからは国道58号~国道449号と進み、県道84号へ入ってすぐ。もしくは国道58号から県道84号で本部半島の山中を抜け、国道449号へとぶつかる手前に港がある。天気の良い日なら海沿いの国道449号を走るコースがおすすめ。

 一般道を使う場合は、空港から国道332号か那覇うみそらトンネルを経由して国道58号へ合流し、名護方面へ北上する。許田IC出口付近から先は沖縄自動車道利用の場合と同じ。
 渡久地港から水納島へは船でわずか15分。夏場はフェリーの便数も多いので、余裕で日帰りできる離島だ。水納島は、その形から「クロワッサンアイランド」と呼ばれている。ビーチは透明度が高く、シュノーケルでも簡単に熱帯魚の群に出会える。ビーチには無料休憩所や売店、トイレ、シャワーもあるので安心。

 渡久地港の目の前には沖縄そばの名店、きしもと食堂がある。沖縄では珍しい「行列ができる」店だ。売切れ次第閉店となってしまうのが残念だが、並んでみる価値はある。また、渡久地港から沖縄美ら海水族館へは約5キロ、10分の距離。シーズン中は19時まで入館できるので、水納島から帰った後でも十分見学できる。

【那覇空港⇔水納ビーチ】
<距離>=約85キロ(渡久地港まで)
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約1時間45分
       一般道利用(国道58号経由)の場合は約2時間30分
<高速料金>=沖縄自動車道(西原JCT~許田IC) 普通車950円
*那覇空港自動車道(豊見城・名嘉地IC~西原JCT)は無料

【メモ】
<水納ビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字瀬底6223
電話=0980-47-5572
遊泳期間=4月~10月
遊泳時間=8時~17時
料金=無料

<渡久地港>
住所=国頭郡本部町字渡久地
電話=0980-47-5179(水納海運)
営業=夏場(7/20~8/31):1日12便(8時~17時45分)
   冬場(1/1~6/30,9/21~12/31):1日3便
その他の期間:1日8便
*運航スケジュールは要事前確認
料金=大人往復1680円、小人往復840円

<きしもと食堂>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字渡久地5
電話=0980-47-2887
営業=11時~17時30分(売切れ次第閉店)
定休日=水曜日

<沖縄美ら海水族館>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字石川424
電話=0980-48-3748
営業=10月~2月:8時30分~18時30分(入館締切17時30分)
    3月~9月:8時30分~20時(入館締切19時)
休園日=12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金=大人1800円、1260円(4時からチケット)、3600円(年間パスポート)
中人(高校生) 1200円、840円、2400円
   小人(小・中学生) 600円、420円、1200円
   6才未満無料

2013年05月21日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ