たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からエメラルドビーチまでの距離と所要時間の目安

本部半島をドライブし、沖縄美ら海水族館となりのビーチへ

海の向こうに伊江島を望む、エメラルドビーチの眺望。

南の島に突如現れるドイツの古城
(写真提供/海洋博公園・エメラルドビーチ)

那覇空港からエメラルドビーチまでの距離は約90キロ。沖縄自動車道を使って約2時間、一般道で2時間50分ほどのドライブ。海洋博公園内にあるビーチなので、カーナビを設定する場合は目的地を「海洋博公園」とする。

 高速利用の場合は、空港最寄りの豊見城・名嘉地ICを使い終点の許田ICまで。高速料金は普通車で950円。一般道に出てからは国道58号~国道449号~県道114号と本部半島の海沿いを走るコースと、国道58号から県道84号で本部の山中を抜け国道449号へと出るコースがある。天気の良い日なら海沿いのルートが、冬のカンヒザクラの季節なら県道84号から八重岳へ寄るルートがおすすめ。
高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。

 一般道を使う場合は、空港から国道332号か那覇うみそらトンネルを経由して国道58号へ合流し、名護方面へ北上する。許田IC出口付近から先は沖縄自動車道利用の場合と同じ。

 エメラルドビーチは海洋博公園の北端にあるコーラルサンドのビーチ。透明度の高い水質は“AA”(もっとも良い)にランクされ、「快水浴百選」にも選ばれた。「遊びの浜」「憩の浜」「眺めの浜」と区分された砂浜は3000人が遊べる広さ。よく管理された快適なビーチだ。公園内には沖縄人気ナンバーワンの観光スポット、沖縄美ら海水族館もあり、連日多くの観光客で賑わっている。

 海洋博公園を出て北へ進むと、エメラルドビーチのすぐ隣には備瀬のフクギ並木が広がる。入口付近にある無料駐車場から備瀬崎まで続く約1キロの並木道は、心地よい風が吹き抜ける絶好の散策スポットだ。

【那覇空港⇔エメラルドビーチ】
<距離>=約90キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約2時間
       一般道利用(国道58号経由)の場合は約2時間50分
<高速料金>=沖縄自動車道(西原JCT~許田IC) 普通車950円
*那覇空港自動車道(豊見城・名嘉地IC~西原JCT)は無料

【メモ】
<エメラルドビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字石川424(海洋博公園内)
電話=0980-48-2741
遊泳期間=4月~10月
遊泳時間=8時30分~19時(10月は17時30分まで)
料金=無料

<八重岳桜の森公園>
住所=国頭郡本部町字並里921
電話=0980-47-2700(本部町企画商工観光課)
*桜祭りは毎年1月中旬~2月上旬にかけて開催

<備瀬のフクギ並木>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町備瀬
電話=0980-47-3641(本部町観光協会)
無料駐車場有

2013年05月21日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ