たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から牧志公設市場までの距離と所要時間の目安

空港から那覇の胃袋まで、短時間の町中ドライブ

牧志公設市場の鮮魚コーナーには色鮮やかな珍しい魚が並ぶ

牧志公設市場の鮮魚コーナーには色鮮やかな珍しい魚が並ぶ
(写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー)

那覇空港から牧志公設市場へ行くには、国際通り周辺の有料駐車場に車を停めて徒歩での移動となる。国際通り中ほどの沖縄三越周辺のコインパーキングを利用すると便利だ。那覇空港からは約6キロ、15分ほどの距離。レンタカー会社は空港周辺に営業所が多いが、到着後に使えるよう事前予約は必須だ空港から国道332号を経由して国道58号(那覇方面)へ出て直進、前島交差点を右折して川沿いの道(沖映通り)を進めば国際通りに突き当たる。(この辺りが沖縄三越周辺になる) 車を停め、国際通りを横断すると、向かいにアーケードに覆われた市場中央通りの入口があるので、ここから入る。1分も歩けば牧志公設市場の出入り口だ。

 通常「牧志公設市場」といえば、食料品の販売を中心とした「第一牧志公設市場」を指す。(別の場所に雑貨部、衣料部がある) 市場1階では鮮魚、食肉、乾物などが売られ、2階は食堂になっている。1階で買った魚介類を調理してもらうこともできる。

 市場の周囲にも商店街が迷路のように入り組んでいる。国際通りから奥に行くにつれ、観光客相手の店が少なくなり、アジアの下町のような風景になる。市場中央通りと並行する平和通り商店街を抜けた先は壷屋やちむん通りだ。石畳の通りに細い筋道が交わる、焼き物屋が多く店を並べる歴史ある通りだ。

 また、沖映通りを国道58号方面へ400メートルほど戻ったところにジュンク堂書店がある。沖縄は出版が盛んな土地であり、沖縄の書店には必ず「沖縄県産本コーナー」がある。沖縄に興味を持ち、もっと知りたいと思ったら、のぞいてみる価値はある。

【那覇空港⇔牧志公設市場】
<距離>=約6キロ
<所要時間>=一般道利用(国道58号経由)15分

【メモ】
<第一牧志公設市場>⇒詳しくはこちら
住所=那覇市松尾2-10-1
電話=098-867-6560
営業=8時~20時(店舗により異なる)/第4日曜(鮮魚は第2 & 5日曜も休)、12月は無休

<国際通り(県道39号)>⇒詳しくはこちら
住所=那覇市泉崎~安里
*交通規制=7時~9時(安里三叉路→県庁北口方面がバス専用)
      17時30分~19時30分(県庁北口→安里三叉路方面がバス専用)
*トランジットモール=毎週日曜日12時~18時(一般車両通行禁止)

<壷屋やちむん通り>⇒詳しくはこちら
住所=那覇市壷屋1-9-32(那覇市立壷屋焼物博物館)
電話=098-862-3761
営業=10時~18時
休館日=月曜日、12月28日~1月4日

<ジュンク堂書店那覇店>
住所=那覇市牧志1-19-29
電話=098-860-7175
営業=10時~22時/年中無休

2013年05月09日(木) 【投稿者】仲村 礼子

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ