たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から比地大滝までの距離と所要時間の目安

本島最大の滝まで、亜熱帯のジャングルをトレッキング

落差26メートルを誇る比地大滝は本島最大(写真提供/国頭村)

落差26メートルを誇る比地大滝は本島最大
(写真提供/国頭村)

那覇空港から比地大滝までは約100キロのドライブ。所要時間は沖縄自動車道を使って約2時間。空港から国道58号を北上する行き方もあるが、比地大滝でのトレッキング時間を考慮すると、高速を使ったほうが良いだろう。

  那覇空港から国道331号を一旦南下し、最寄りの豊見城・名嘉地ICから高速道路に乗る。終点の許田ICまで約1時間かかる。高速料金は普通車で950円。許田IC付近には道の駅許田があるので、休憩ポイントにお勧め。この先は一般道(国道58号)に出て、名護市街へ。名護市街手前の世冨慶交差点を右折して、国道329号~名護東道路を使うと近道。再び国道58号へと合流するので、あとは辺戸岬方面へ向け25キロほど北上する。JALプライベートリゾート・オクマ付近、くにがみ球場を過ぎたあたりに比地大滝への入口があるので右折する。少し走ると駐車場がある。

 ゲートで200円払い入場したら、比地大滝までは約1.5キロ、50分のトレッキングとなる。道は整備されているが急な斜面もあるので、タオルと着替え、歩きやすいクツの準備が必要だ。比地大滝は落差26メートルある本島最大の滝。水に入って遊ぶこともできるので、夏場の県民の遊び場として人気。キャンプ場を利用する人も多い。入口には管理棟や売店もあり、簡単な食事なら取ることができる。さて、ここまで来たら残り約25キロ、40分で本島最北端の辺戸岬だ。余力があったら目指してみよう。

【那覇空港⇔比地大滝】
<距離>=約100キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約2時間
       一般道利用(国道58号)の場合は約2時間30分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

【メモ】
<比地大滝>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡国頭村字比地781-1
電話=0980-41-3636
時間=4~10月:9時~16時(閉門18時)
   11月~3月:9時~15時(閉門17時30分)
料金=大人500円、子供300円

<道の駅許田>⇒詳しくはこちら
住所=名護市許田17-1
電話=0980-54-0880
時間=8時30分~19時

2013年05月09日(木) 【投稿者】仲栄真 千鶴

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ