たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からムーンビーチまでの距離と所要時間の目安

西海岸リゾートに位置する歴史あるホテルのプライベートビーチまでドライブ

三日月形のビーチにパームツリーが茂る、ムーンビーチの景観

三日月形のビーチにパームツリーが茂る、ムーンビーチの景観
(写真提供/ホテルムーンビーチ

那覇空港からムーンビーチへは約40キロ。沖縄自動車道・石川IC経由で約50分、一般道(国道58号)を北上して1時間15分のドライブコース。どちらのコースを走っても、道中海の見えるスポットは少ない。ムーンビーチは恩納村リゾートエリアの南側に位置するため、比較的アクセスしやすいビーチリゾートと言える。

 高速を利用する場合、空港から約10分の豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道(無料区間)へ入り、西原JCTで沖縄自動車道へ合流し石川ICまで。高速料金は普通車で600円。一般道へおりてからは県道73号~国道58号と進めば約10分でムーンビーチへ到着する。 一般道で行くなら空港を出て国道58号を北上するだけだ。多少時間はかかるが、途中の見所を考えると、こちらのルートがおすすめ。行きは高速を使い、ビーチで遊んだ後は、国道58号で寄り道しながらノンビリ帰るのもよい。
 
 ムーンビーチは、沖縄のリゾートホテルの老舗的存在であるホテルムーンビーチのプライベートビーチ。ハーフムーンの形状をした海岸線が特徴だ。マリンスポーツメニューも充実し、宿泊者以外も利用できる。

 国道58号を那覇方面へ2.5キロほど戻ったところにおんなの駅なかゆくい市場がある。新鮮な野菜を買い求める地元客と食事などで利用する観光客でいつもにぎわっている。「沖縄No.1のサーターアンダギー」と評判の三矢本舗の支店があるのも魅力。市場2階にある「パリのパン屋さん」の万座毛沖の深層水を使って焼き上げるパンも人気。夕方までには売り切れてしまうことが多い。さらにここから県道6号に入って久良波交差点を左に曲がると3キロ、5分弱で琉球村に着く。沖縄文化や伝統芸能を体験できる観光施設だ。

【那覇空港⇔ムーンビーチ】
<距離>=約40キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~石川IC)の場合は約50分
       一般道利用(国道58号)の場合は約1時間15分
<高速料金>=沖縄自動車道(西原JCT~石川IC) 普通車600円
*那覇空港自動車道(豊見城・名嘉地IC~西原JCT)は無料区間

【メモ】
<ムーンビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡恩納村字前兼久1203
電話=098-965-1020(ホテルムーンビーチ)
遊泳期間=4月~10月がオススメ
遊泳時間=8時~18時(時期により変動あり)
入場料=大人500円、小人300円
駐車場=500円

<おんなの駅なかゆくい市場>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡恩納村仲泊1656-9
電話=098-964-1188
営業=10時~19時/年中無休

<琉球村>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡恩納村山田1130
電話=098-965-1234
営業=8時30分~17時30分(入園は17時まで)/年中無休
サマータイム期間(7月~9月)は9時~18時(入園は17時30分まで)
入園料=大人840円、中人(高校生&大学生) 730円、小人(3才~中学生) 420円

2013年05月09日(木) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ