たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からかりゆしビーチまでの距離と所要時間の目安

沖縄西海岸のビーチリゾートまでドライブ

かりゆしビーチ。向こうにはブセナ海中公園の海中展望塔が見える

かりゆしビーチ。向こうにはブセナ海中公園の海中展望塔が見える。
(写真/黒田史夫)

那覇空港から、かりゆしビーチへは約60キロの距離。所要時間は沖縄自動車道を使って1時間15分、一般道でも1時間45分ほどだ。高速道路を利用する場合、那覇市内の先にある那覇ICを使うより、少し遠回りだが国道331号経由で豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道へ入るほうが速い。西原JCTで沖縄自動車道へ合流し、そのまま終点の許田ICまで。インター出口からは国道58号を那覇方面へ向けて約10分だ。高速料金は普通車で950円。
高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。



 一般道を使う場合は、空港出口から那覇うみそらトンネルか国道332号経由で国道58号へ出て北上する。途中にある北谷町の美浜アメリカンビレッジは地元の若者たちに大人気のスポット。大観覧車を目印に国道58号から左に入ると1500台収容の広い無料駐車場がある。映画館や食事、ショッピングなど楽しみが多い。片側3車線の国道58号だが、那覇市内から北谷町にかけては朝夕の渋滞がひどいので、余裕を持って出発したい。

 かりゆしビーチは沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパのプライベートビーチ。宿泊者以外は有料となる。さすがにホテルのプライベートビーチらしく施設が充実し、泳ぐ以外にもダイビングやウェイクボード、パラセーリングにシーウォーク等々、あらゆる種類のマリンスポーツが楽しめる。ビーチ入口にはコンビニがあるので、ちょっとした買物に便利だ。
 
 かりゆしビーチから車で5分の距離には、2007年の日本プロトーナメント開催コース、喜瀬カントリークラブがある。また、宇宙開発について学べる沖縄宇宙通信所や工場見学とビールの試飲が可能なオリオンビール名護工場も15分圏内とアクセスが良い。

【那覇空港⇔かりゆしビーチ】
<距離>=約60キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は1時間15分
       一般道利用(国道58号)の場合は1時間45分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道(豊見城・名嘉地IC~西原JCT)は無料

【メモ】
<かりゆしビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=名護市字喜瀬1996
電話=0980-52-4093
料金=大人500円、小人300円 
遊泳期間=4月~10月
遊泳時間=9時~17時

<美浜アメリカンビレッジ>⇒詳しくはこちら
住所=中頭郡北谷町美浜
電話=098-936-1234
無料駐車場1500台収容

<喜瀬カントリークラブ>
住所=名護市字喜瀬1107-1
電話=0980-53-6100

<沖縄宇宙通信所>
住所=国頭郡恩納村字安富祖金良原1712
電話=098-967-8211
営業=10時~17時/年中無休
料金=無料

<オリオンビール名護工場>⇒詳しくはこちら
住所=名護市字東江2-2-1
電話=0980-54-4103
時間=9時~15時30分/12月31~1月3日は見学なし
料金=無料
*要予約

2013年05月09日(木) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ