たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からブセナビーチまでの距離と所要時間の目安

青い海、白い砂、国際的海洋リゾートエリアまでドライブ

ブセナビーチ

国道58号側から望むブセナビーチ。白砂の続くビーチが美しい
(写真提供/沖縄観光コンベンションビューロー)

ブセナ岬は2000年の九州沖縄サミットの会場となった万国津梁館を擁する国際的なリゾートエリア。そこにあるザ・ブセナテラスホテルが管理する白砂のビーチがブセナビーチだ。広々とした砂浜はパームツリーに囲まれ、非日常的なリゾート感を満喫できる。敷地内には海中展望塔やグラス底ボートもあり、泳ぎが苦手な人でも海の底の世界を体感できる。

 那覇空港からブセナビーチへは約60キロの距離。沖縄自動車道を使って1時間15分、国道58号で行っても1時間45分ほどだ。高速道路利用の場合、那覇ICを使うより少し遠回りになるが、国道331号を一旦南下して約10分の豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道へ入るほうが速い。西原JCTで沖縄自動車道へ合流し、そのまま終点の許田ICまで。インター出口からは左へ進み、国道58号を那覇方面へ向けて南下する。5キロほど走ると右側にザ・ブセナテラスホテルへ続く入口が見えてくる。高速料金は普通車で950円。
高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。




 一般道を使う場合は、空港から国道58号へ出て北上する。浦添市から嘉手納町にかけては道の両側にフェンスで仕切られた広大な米軍基地が続き、異国的な沖縄の雰囲気を演出している。道中、北谷町の美浜アメリカンビレッジは地元の若者たちに大人気のスポット。食事やショッピングなどが楽しめる。見所が多い国道58号沿線だが、沖縄を縦断する大動脈だけに朝夕の交通渋滞は大都市なみ。那覇市内や浦添市牧港付近、北谷町美浜付近などが渋滞ポイントになっている。

 ブセナビーチは恩納村と名護市の境界付近に位置しているので、近隣には立ち寄りたい観光地が多い。万座毛、御菓子御殿、ナゴパイナップルパークまで15~20分とアクセスが良い。
 
【那覇空港⇔ブセナビーチ】
<距離>=約60キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は1時間15分
       一般道利用(国道58号経由)の場合は1時間45分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道(豊見城・名嘉地IC~西原JCT)は無料区間

【メモ】
<ブセナビーチ>⇒詳しくはこちら
住所=名護市字喜瀬1808
電話=0980-51-1333
駐車場=2000円(入場料として車1台につき。ホテル宿泊者は無料) 
遊泳期間=4月~10月
遊泳時間=9時~時期により異なる

<ブセナ海中公園>
住所=名護市字喜瀬1744-1
電話=0980-52-3379
*海中展望塔
営業=9時~18時(最終入場17時30分)/4月~10月
   9時~17時30分(最終入場17時)/11月~3月
料金=大人1000円、中人(高校生、大学生) 800円、小人500円(4才~中学生)
*グラス底ボート
営業=9時10分~17時30分(所要時間20分)/4月~10月
   9時10分~17時(所要時間20分)/11月~3月
料金=大人1500円、中人(高校生、大学生) 1200円、小人750円(4才~中学生)
天候により運休
セット料金=大人2000円、中人(高校生、大学生) 1600円、小人1000円(4才~中学生)
*無料シャトル
毎時00分、20分、40分に運行(定員25名)


<御菓子御殿 恩納店>
住所=国頭郡恩納村字瀬良垣100
電話=0120-539-510
営業=8時30分~21時/年中無休

<ナゴパイナップルパーク>⇒詳しくはこちら
住所=名護市為又1195
電話=0980-53-3659
営業=9時~18時/年中無休
料金=大人600円(中学生以上)
子供300円(小学生)
   *小学生未満無料

2013年04月26日(金) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ