たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から森のガラス館までの距離と所要時間の目安

本島北部の名護でオリジナルグラス作りを体験

森のガラス館

森のガラス館では、工房で働くガラス職人の技を見学できる
(写真/黒田史夫)

那覇空港から名護市の森のガラス館へは高速道路を使えば1時間20分ほど、一般道でも2時間程度で着く。高速道路利用の場合、空港から約10分の豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道(無料区間)へ入る。西原JCTで沖縄自動車道へ合流し、終点の許田ICまで。その先は国道58号を名護方面へ北上し、白銀橋(東)交差点を左折して県道84号に入って約600メートル。許田ICからは約10キロ、20分の距離。高速料金は普通車で950円。
高速道路利用なら、ETC搭載車のレンタカーがおすすめである。ETCカードは持参となるので注意する必要がある。

 一般道を使う場合、空港から国道332号(331号と重複)か、那覇うみそらトンネルを経由して国道58号に出る。あとは名護まで一本道。途中、許田IC周辺は春の清明祭や旧盆の時期、週末のイベント開催時など大渋滞となることも。事前にチェックし、余裕を持った出発を心がけたい。

 森のガラス館ではクラフト体験でオリジナルグラス作りにチャレンジしたり、琉球ガラスのショッピングを楽しめる。また工房で働く職人さんたちの仕事ぶりを見学することもできる。近隣にはOKINAWAフルーツらんどやナゴパイナップルパークなどのテーマパークが集中しているし、そのまま県道84号を本部方面へ抜ければ沖縄美ら海水族館へも約16キロ、30分ほどの距離。北部観光の際には、ぜひ立ち寄ってみたい観光スポットだ。

【那覇空港⇔森のガラス館】
<距離>=約80キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は1時間20分
       一般道利用(国道58号経由)の場合は2時間
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

【メモ】
<森のガラス館>⇒詳しくはこちら
住所=名護市為又478
電話=0980-54-2121
営業=9時~18時/年中無休
* クラフト体験
開始時間=10時、10時45分、13時、15時30分
体験可能年齢=小学生以上
料金=一般 1500円、学生・団体=1300円

<OKINAWAフルーツらんど>
住所=名護市字為又1220-71
電話=0980-52-1568
営業=9時~18時/年中無休
料金=大人1000円(高校生以上)
子供500円(4歳以上)

<ナゴパイナップルパーク>⇒詳しくはこちら
住所=名護市為又1195
電話=0980-53-3659
営業=9時~18時/年中無休
料金=大人600円(中学生以上)
子供300円(小学生)
   *小学生未満無料

<沖縄美ら海水族館>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字石川424
電話=0980-48-3748
営業=10月~2月:8時30分~18時30分(入館締切17時30分)
    3月~9月:8時30分~20時(入館締切19時)
休園日=12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金=大人1800円、1260円(4時からチケット)、3600円(年間パスポート)
中人(高校生) 1200円、840円、2400円
   小人(小・中学生) 600円、420円、1200円
   6才未満無料

2013年04月26日(金) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ