たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港から琉宮城蝶々園までの距離と所要時間の目安

沖縄美ら海水族館のほど近くで、オオゴマダラとたわむれる

琉宮城蝶々園。本土では見られないオオゴマダラと遊ぶ

琉宮城蝶々園。本土では見られないオオゴマダラと遊ぶ
(写真提供/琉宮城蝶々園)

那覇空港から本部町の琉宮城蝶々園へは沖縄自動車道を使って約95キロ、2時間、一般道で約90キロ、2時間40分のドライブ。高速利用の場合は、空港から国道331号を経由して、豊見城・名嘉地ICから高速道路に乗り、終点の許田ICまで。

 一般道に出てからは国道58号~国道449号~県道114号というドライブコース。一般道利用の場合は、空港から国道332号か那覇うみそらトンネルを経由して国道58号に合流し、あとは北上するだけ。名護市内に入ってからは高速道路利用の場合と同じ。海洋博公園(沖縄美ら海水族館)を目指して、本部半島の美しい海岸線をドライブすれば、その手前1キロに琉宮城蝶々園はある。

 園内の蝶々ハウスは500坪の敷地に滝が流れ、亜熱帯の植物が咲き乱れ、200頭~500頭のオオゴマダラが乱舞している。また蝶々園は本部半島の小高い場所にあるため、東シナ海に浮かぶ伊江島、水納島、瀬底島が一望できる数少ない観光スポットでもある。

 琉宮城蝶々園を出て、県道114号を1キロほど進めば、そこは沖縄を代表する超人気観光地・沖縄美ら海水族館だ。有名な巨大アクリルパネルに仕切られた大水槽にはジンベエザメやナンヨウマンタが悠々と泳いでいる。また、本部周辺はfuu cafeや花人逢などカフェが多いエリア。地元誌でもたびたび特集が組まれるなど注目度が高く、週末には遠く那覇などから訪れる人も多い。
  
【那覇空港⇔琉宮城蝶々園】
<距離>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約95キロ
    =一般道利用(国道58号)の場合は約90キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約2時間
一般道利用(国道58号)の場合は約2時間40分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

【メモ】
<琉宮城蝶々園>
住所=国頭郡本部町字山川390-1
電話=0980-48-3456
営業=9時~17時/年中無休
料金=大人(16才以上) 400円
   小人(3才~16才未満) 200円
   障害者割引=手帳提示50%割引*バリアフリー対応

<沖縄美ら海水族館>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町字石川424
電話=0980-48-3748
営業=10月~2月:8時30分~18時30分(入館締切17時30分)
    3月~9月:8時30分~20時(入館締切19時)
休園日=12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金=大人1800円、1260円(4時からチケット)、3600円(年間パスポート)
中人(高校生) 1200円、840円、2400円
   小人(小・中学生) 600円、420円、1200円
   6才未満無料

<fuu cafe>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡本部町瀬底557
電話=0980-47-4885
営業=11時~サンセット
定休日=水曜・木曜日/7月~9月は無休
平均予算=1000円~1999円

<花人逢>
住所=国頭郡本部町字山里1153-2
電話=0980-47-5537
営業=11時30分~19時(ラストオーダー18時30分)
定休日=火曜・水曜日
平均予算=1000円~1999円

2013年04月23日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ