たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からむら咲むらまでの距離と所要時間の目安

沖縄の大動脈ゴッパチを走って、県内随一の体験王国へ

むら咲むらの施設内には、いたるところに手作りのシーサーが並ぶ

むら咲むらの施設内には、いたるところに手作りのシーサーが並ぶ
(写真=黒田史夫)

本島中部、東シナ海へ突き出た半島部分に位置する読谷村は沖縄自動車道のICから離れているため、国道58号(通称“ゴッパチ”)を使って行くのが一般的。空港からの距離は約30キロ、1時間半もあれば到着するが、朝夕の渋滞時などは2時間近くかかることも。片側3車線あり、部分的に制限速度60キロのゴッパチは交通量が多く、道に不慣れなレンタカーや米軍関係者の車も多く走っているので事故にはくれぐれも注意を。

 まずは空港から国道58号へ入り、那覇市街を抜けてそのまま北上。宜野湾市に入ったあたりから周辺はアメリカ色がグッと濃くなってくる。道の両側には米軍放出の中古家具店が建ち並び、広大な米軍基地がひろがり、米軍関係者の乗るYナンバーの車が目につくようになる。

 読谷村に入り、伊良皆交差点を左折(県道6号)、4キロほど行くと左手にファミリーマートがあるので、その先2つ目の信号を左折(「地球雑貨、左折230メートル」の看板が目印)して、むら咲むらの看板が見えたら右折。あとは、さとうきび畑のなかを一直線にのびる道を2キロほど走れば体験王国むら咲むらに到着する。

 県内一の体験数を誇るむら咲むらでは花織、紅型沖縄空手といった伝統文化やジンベエザメ体験ダイビングなど101種類の体験ができる。途中、県道6号沿いにある大木海産物レストランは地元都屋漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を食べられる人気のお店。あまり知られていないが沖縄は国内の主要なマグロの産地でもあるのだ。

【那覇空港⇔体験王国むら咲むら】
<距離>=約30キロ
<所要時間>=一般道利用(国道58号経由)約1時間30分

【メモ】
<体験王国むら咲むら>⇒詳しくはこちら
住所=中頭郡読谷村字高志保1020-1
電話=098-958-1111
営業=9時~18時(入園締切17時半)/年中無休
料金=小学生300円
   中高生400円
   大人500円

<ジンベエザメ体験ダイビング>⇒詳しくはこちら
営業=年中受付/開始時刻の設定あり
料金=13,000円
時間=2時間30分
人数=1~20人
*事前に申込書と健康調査票を提出。器材レンタルあり。水着は各自で用意。

<大木海産物レストラン>
住所=中頭郡読谷村字大木427-2
電話=098-956-5692
営業=11時~23時(L.O.22時)/不定休
平均予算=2,500円(通常)、1,200円(ランチ)

2013年04月23日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ