たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

那覇空港からビオスの丘までの距離と所要時間の目安

空港から約60分、本島中部亜熱帯の森で遊ぶ

ビオスの丘の湖水観賞舟。船頭のガイドを聞きながら25分間のク

ビオスの丘の湖水観賞舟。船頭のガイドを聞きながら25分間のクルーズ
(写真提供/うるま市)

那覇空港からビオスの丘までは高速道路を使えば車で約45キロ、1時間ほどの距離。空港から約10分の豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道(無料区間)へ。西原JCTで沖縄自動車道へ合流し石川ICでおりる。その先は石川バイパスを経由して県道6号へ。石川ICからは約7キロ、15分。標識、看板に従って走ればよい。高速料金は普通車で600円。

 一般道を使う場合は、空港から国道58号を北上。恩納村仲泊から県道6号へ入る。約40キロ、1時間45分ほど。のんびりドライブを楽しむなら国道58号利用がおすすめ。

 仲泊交差点近くにあるおんなの駅なかゆくい市場(道の駅)は観光客と新鮮な野菜を買い求める地元客でいつもにぎわっている。おすすめは1個100円の「もずくコロッケ」。恩納村特産のもずくを使用した舌触り滑らかなコロッケだ。

 ビオスの丘は本島中部うるま市石川にある観光スポット。広々とした敷地で亜熱帯沖縄の自然を感じながらの湖水観賞やカヌー体験、水牛車などが人気だ。マリンレジャーとは一味違った沖縄の自然を体験できる。ムーンビーチなどの恩納村のリゾートホテルエリアへも約5キロ、10分とアクセスが良いので、家族旅行にはぴったりだ。
 
家族旅行にはワゴンクラスのレンタカーがおすすめである。
【那覇空港⇔ビオスの丘】
<距離>=約45キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~石川IC)の場合は約1時間
       一般道利用(国道58号経由)の場合は約1時間45分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~石川ICまで普通車600円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

【メモ】
<ビオスの丘>⇒詳しくはこちら
住所=うるま市石川嘉手苅961-30
電話=098-965-3400
営業=9時~18時(入園は17時まで)/年中無休
入園料=大人(中学生以上) 690円、小人(4才~小学生) 350円
湖水観賞舟セット料金=大人 1200円、小人700円
貸しカヌー=大人 1500円、小人 1000円
水牛車=大人 580円、小人 380円

<おんなの駅なかゆくい市場>⇒詳しくはこちら
住所=国頭郡恩納村字仲泊1656-9
電話=098-964-1188
営業=10時~19時/年中無休
*もずくコロッケは、お惣菜コーナーで毎日12時、15時に揚げたてを販売

2013年04月23日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ