たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

宮古空港から平安名埼灯台までの距離と所要時間の目安

宮古島トライアスロンの折り返し点、平安名埼灯台へドライブ

「日本の灯台50選」に選ばれた平安名埼灯台

「日本の灯台50選」に選ばれた平安名埼灯台
(写真提供/宮古島観光協会)

宮古空港から平安名埼灯台までは県道243号~県道78号~国道390号~県道83号で約20キロ、30分。島の最東端までのドライブになるが、渋滞もなく、ほぼ時間通りに着く。宮古島の中心部、平良市街からでも30キロ、40分程度だ。

 平安名埼灯台のある東平安名崎一帯は「日本の都市公園100選」や「国の史跡名勝天然記念物」にも指定されている景勝地。与那覇前浜、池間島と並ぶ宮古島の人気観光スポットだ。最大幅約160メートル、高さ20メートルの隆起珊瑚礁の石灰岩からなる約2キロ続く岬の先端に灯台はある。高さ24.5メートルの灯台は「日本の灯台50選」に選ばれている。駐車場から平安名埼灯台までは徒歩で10分くらいかかるので、名物の観光人力車「灯八」に乗ってみるのも面白い。テッポウユリの咲き乱れる春先には、この灯台を折り返し点とする全日本トライアスロン宮古島大会が開催され、国内外からの参加者で賑わいを増す。

 東平安名崎から約13キロ、20分ほど走った国道390号沿いにある丸吉食堂は宮古ソバの名店。ほんのりニンニクの効いた豚骨ベースの出汁がポイント。出されたソバを見て、一瞬「具がない」と不安になるが、とろとろのソーキがしっかりと麺の下に隠れているので安心を。これがスタンダードな宮古ソバの特徴だ。

 丸吉食堂の4キロほど先にはうえのドイツ文化村がある。ここは、明治時代に地元・宮国の住民がドイツの難破船を助けた縁の地。ドイツ文化と宮古島の自然の融合を満喫できるテーマパーク。基本的に入園料は無料なので、ピクニック感覚で楽しめる。

【宮古空港⇔平安名埼灯台】
<距離>=約20キロ
<所要時間>=約30分

【メモ】
<平安名埼灯台>
住所=宮古島市城辺町保良平安
電話=090-8294-4010
時間=9時~16時30分頃/悪天候の場合は休み
料金=大人150円、小人20円

<灯八>
電話=090-1561-1444
時間=10時頃~17時頃/不定休
料金=往復2000円(2名乗り)/1名利用の場合は往復1000円)

<丸吉食堂>
住所=宮古島市城辺字砂川975
電話=0980-77-4211
時間=10時30分~18時(夏場は20時頃まで)
定休日=不定休

<うえのドイツ文化村>
住所=宮古島市上野宮国775-1
電話=0980-76-3771
営業=9時~18時(最終入館17時30分)/不定休
料金=無料(博愛記念館、キンダーハウスの2施設のみ有料)

2013年05月21日(火) 【投稿者】黒田 史夫

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ