たびらいは観光情報から旅行の予約まで、もっとニッポンが好きになる旅行の総合サイトです。

宮古空港からうえのドイツ文化村までの距離と所要時間の目安

宮古島のドイツまで、島の南側をのんびりドライブ。

南の島に突如現れるドイツの古城

南の島に突如現れるドイツの古城
(写真提供/宮古島観光協会)

宮古空港から島の南側にある、うえのドイツ文化村までは約7.5キロ、車で13分程度の距離。まずは空港を出て左に進み、県道190号を右折する。約3キロ先で県道202号へ入り、4キロほど走って海側へと向かえば、うえのドイツ文化村だ。

 「宮古島にドイツ」と聞いて、いささか唐突に感じるが、これにはもちろん、いきさつがある。ここ上野宮国は、明治時代に地元住民がドイツの難破船を助けた縁の地。当時のドイツ皇帝が感謝の意を表し、当地に博愛記念碑を建てた。この史実を後世に伝えるため、1996年に約48億円かけて完成したのが、このドイツ文化村なのだ。宮古島最大規模のテーマパークだが、基本的に入園料は無料(博愛記念館とキンダーハウスのみ有料)。年末のイルミネーションは宮古島最大の冬のイベントとして地元でも人気となっている。

 うえのドイツ文化村を海沿いに東へ約3キロ走ったところにあるイムギャーマリンガーデンは初心者向けのダイビングスポットとして知られる。自然の造形を活かしたビーチは入江になっており、遊歩道や展望台、多目的広場なども設置されている。宮古島の海を眺めながらのドライブが楽しめるエリアだ。ここから国道390号へ向け1キロ弱行くと泡盛の多良川がある。酒造工場の見学や、ここでしか買えない「泡盛ゼリー」が人気。
 
【宮古空港⇔うえのドイツ文化村】
<距離>=約7.5キロ
<所要時間>=約13分

【メモ】
<うえのドイツ文化村>
住所=宮古島市上野宮国775-1
電話=0980-76-3771
営業=9時~18時(最終入館17時30分)/不定休
入園料=無料
博愛記念館=大人700円、小人400円
キンダーハウス=大人200円、小人100円
共通券=大人800円、小人400円

<イムギャーマリンガーデン>⇒詳しくはこちら
住所=宮古島市城辺町友利
駐車場=無料

<多良川>⇒詳しくはこちら
住所=宮古島市城辺字砂川85
電話=0980-77-4108
営業=8時30分~17時30分(見学13時~17時)
定休日=日曜

2013年05月21日(火) 【投稿者】前川 慎光

レンタカーを探す
利用日程を選択
車両タイプを選択
出発エリアを選択

コラム記事リンク コラム記事TOP このカテゴリの記事一覧

ページ先頭へ