沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄の交通事情

 バスレーン規制
 原付バイクに気をつけよう
 難しい地名や標識
 時間に余裕をもって
沖縄は道は滑りやすい?!
 高速道路もゆったりと
 
■ バスレーン規制を、要チェック!
     

  渋滞緩和などが目的で全国的に実施されているバスレーン規制。ここ沖縄でも、主に交通量の多い那覇市を中心に施行されています。

バスレーン規制は平日の朝と夕方のみ。バス優先とバス専用道路があり、一般車両は基本的に通行不可です。旅行者であっても容赦なく取り締まられますので、平日にドライブする際は注意が必要です。場所によってバスレーン施行時間が変わります。下記の沖縄県警サイトからバスレーンマップをご参考ください。

沖縄県警察
(県警からのお知らせ>「バスレーン対象路線」をご参考ください)
   
■ 原付バイクに気をつけよう
     

  道路の左端を走るのがルールとなっている原付バイクですが、沖縄では道路の真ん中や右を、バイクが結構走行しています。はじめて沖縄にいらっしゃる方々が最も驚かれる沖縄の交通事情のひとつ?!

・・・決して安全とはいえないマナーですが、県内で車を運転される場合は、あらかじめ念頭に入れておくと安心かもしれませんね。

   
■ 「□△◎?!」交差点・・・難しい地名や標識、多し。
     

  「安謝(アジャ)」「為又(ビイマタ)」「仲村渠(ナカンダカリ)」「勢理客(ジッチャクもしくはセリキャク)」など、ほかにも難しい地名標識が多くあります。

ローマ字表記を参考に地名を覚えながらドライブすると、また楽しい思い出になりそうです。 本島北部には、「とびだし注意ヤンバルクイナ」「イボイモリに注意」など、沖縄ならではの標識も多く見られます。
   
■ ドライブコースは、時間に余裕をもって計画するべし。
     

  地図上でみるとそれほど遠く感じない距離でも、道路状況や渋滞などにより、移動にはかなり時間がかかる・・・ということを、意識しながら計画を立てるといいかも知れません (どの土地でも言えることですが)。

無理なスケジュールで時間が足りなくなってしまうより、余裕のあるプランを立てて余った時間を予定外に楽しんでしまう方が、なんだかちょっと得した気分になれるでしょ♪ ・・・下記は、各スポットへのおおよその移動所要時間です。ご参考ください。

那覇空港 ⇒ 北谷町 (所要時間:約40分〜1時間)
北谷町の主なスポット:「アメリカンビレッジ」「ハンビーナイトマーケット」

那覇空港 ⇒ 本部町 (沖縄自動車道利用の際の所要時間:約2時間半)
本部町の主なスポット:「美ら海水族館(海洋博記念公園)」

那覇空港 ⇒ 糸満市 (所要時間:約40分)
糸満市の主なスポット:「平和祈念公園」

[関連リンク]
沖縄総合事務局 道路情報提供システム

   
■ 沖縄の道は滑りやすい?!雨天時の運転に注意。
     

  雨天時にスピードの出し過ぎに注意するのは当然ですが、特に沖縄の一般的な道路ではより一層の注意が必要です。(塩害により雨が降るとアスファルトがぬかるんでしまうようです)

雨が降った際に、旅行者の方が事故を起こしているのをよく見かけます。最近のレンタカーはとても性能が良いのですが、タイヤやABSなどの性能を過信し過ぎず、十分に車間距離をとってゆっくりと走りしましょう。また、バイクを運転される方も滑りやすいので注意が必要です。
   
■ 高速道路もゆったりと。
     

  沖縄唯一の高速道路、沖縄自動車道。リゾート気分でうっかりスピードを出しすぎてしまいがちですが・・、もちろんここは日本なので、時速80km厳守です!

定期的に交通機動隊の車両も巡回しているので、ゆとりをもって運転しましょう。また、海などを見ながらのよそ見運転も禁物です!
   
ページ先頭へ